• 印刷する

テイクオフ:「コロナ禍で春の花見を…

「コロナ禍で春の花見を楽しめなかった分も」と言わんばかりに、黄金色のイチョウ並木の下で自撮りする人たち。日本には桜と同様に季節を彩るイチョウが至る所にある。だが、意外にもイチョウの野生種は国際自然保護連合により絶滅危惧種に指定されている。各地で植樹されているが、自生するのは中国だけでそれが消滅する恐れがあるという。

先般取材したWWFジャパンの東梅貞義事務局長の「生物は絶滅したら終わり。同じ環境問題でも排出権取引で相殺できる二酸化炭素とは別物だ」との言葉を思い出す。

物質的な豊かさを求める経済活動は大量の温室効果ガスを出すほか、多くの生物を絶滅の危機にさらしてきた一面がある。タイでは3年前に大手企業の社長が希少な黒ヒョウを密猟したとして逮捕された。現代を象徴するような事件も教訓にしながら生物との関わりを再考したい。(京)


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/26)

工研院、SMBCと最先端技術セミナー(11/26)

みずほ、経済部と投資会議 ESGと半導体、TSMCが講演(11/26)

テイクオフ:「コロナ禍で春の花見を…(11/26)

2050年の炭素中立実現に協力 日越首脳が共同声明、関係深化(11/26)

10月の輸出額21.4%増、伸び率拡大(11/26)

生物多様性、脱炭素と一体に 気候危機「決定的な10年」(4)(11/26)

パナソニック、産業用IoT市場に進出(11/26)

ホーチミン市水改善、追加円借款で交換公文(11/26)

ASEMにも不参加、ミャンマー国軍(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン