ニプロがワクチン注射器生産 海外拠点で初、接種効率化を促進

医療機器メーカーのニプロ(大阪市)は、タイで新型コロナウイルスワクチン接種に適したシリンジ(注射器)の生産を開始した。海外拠点での生産は初めて。薬液が残る先端部分「デッドスペース」を従来品より小さくし、ワクチンを効率的に採取できる特殊な構造となっている。タイ国…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの結婚式といえば、…(05/25)

日系企業、バイオ事業加速 タイ政府の重点政策を後押し(05/25)

感染者4144人、死者は36人(24日)(05/25)

バンコク知事選、政界に波紋(05/25)

大和PI、保険テック企業に出資(05/25)

FTI、今年の車生産目標180万台に据置き(05/25)

南部チュンポンの海岸道路完工、観光促進へ(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

4月の6空港利用、408万人で前年の約2倍(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン