日本のだし、現地素材で製造 福岡・久原本家、2年かけ商品化

総合食品メーカーの久原本家(福岡県久山町)が、ベトナムで「だしつゆ」「白だし」などの和食向け調味料を現地生産し、南部ホーチミン市で販売を始めた。日本から輸入する高コストの弱みを克服するため、2年をかけて原材料の調達や加工技術の確立にこぎつけた。2016年にホーチミ…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

【現場で語る2022年】鉄鋼、成長持続のカギは内需 JFE芳木氏「輸出に減速感」(01/28)

EVの特別消費税率、3月から大幅引き下げ(01/28)

東南アのネット販売業者、21年景況感は良好(01/28)

TMT自動車、EV生産振興策を提案(01/28)

ハノイでオミクロン株感染確認、同市初(01/28)

日系航空2社、ベトナム行き定期便を再開(01/28)

国際線頻度の各社決定を提案、民間航空局(01/28)

ロンタイン空港、25年6月に完成予定前倒し(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン