COP26の合意文書、印の抵抗で文言修正

13日に閉幕した国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)は、石炭火力の廃止目標にインドが抵抗し、合意文書の文言が採択の直前に変更された。ロイター通信が伝えた。 議長国の英国が提案していた表現は石炭火力の「段階的廃止」だったが、インドの反対と中国による反…

関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフリカのタンザニアの…(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

経済成長「中期的に続く」 展望22年(下)、生産奨励も後押し(01/24)

アダニ・グループ、EV分野参入を検討か(01/24)

レクサス、SUV「NX」新型の予約開始(01/24)

印はドラゴンフルーツの潜在市場、参事官(01/24)

テスラ進出に暗雲、政府は関税見直しに難色(01/24)

タタ、6車種の最新モデルをブータンで発売(01/24)

タイヤのシート、工場整備の投資縮小(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン