中国電信の免許取り消し、安全保障上の脅威=米

【ワシントン共同】米連邦通信委員会(FCC)は26日、中国国有の通信大手、中国電信(チャイナテレコム)の事業免許を取り消す方針を決めた。米国の子会社に対し、今後60日以内に米国内や国外向けの通信サービス事業を停止するよう命令する。 同社が中国政府による支配を免れら…

関連国・地域: 中国日本米国
関連業種: 金融IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

キリンが国際仲裁へ、軍系との合弁解消巡り(12:51)

テイクオフ:三省堂がこのほど発表し…(12/06)

ホテルニッコー、開業時期を24年に延期(12/06)

【書籍ランキング】11月18日~11月24日(12/06)

【この人に聞く】東急不動産、中間層に照準 賃貸・分譲住宅、首都圏で(12/06)

農産物輸出が初の1兆円へ、牛肉や日本酒増(12/06)

ホンダが新会社、電動三輪バッテリーシェア(12/06)

NSWとNTからの日本入国、隔離規制を維持(12/06)

サービス業許認可を透明化、WTO有志国(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン