〔のぞき見〕操縦士急死で物議、隔離が負担か

台湾の航空会社で勤務していた外国籍の操縦士が急死していたことが分かり、物議を醸している。操縦士は亡くなる直前の20日間、勤務と入境後の隔離を繰り返し「(隔離先のホテルでは)散歩すらできない」と訴えていたとされる。中央通信社などが伝えた。 操縦士の死亡を巡っては、…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:背中を丸めてあぐらをか…(12/01)

「中国投資、合理的判断を」 遠東会長、対中認識に懸念も(12/01)

TSMC、フッ化水素再利用で年4億元創出へ(12/01)

UMC、22年の長期契約価格を一部引き上げか(12/01)

中鋼、21年の連結利益過去最高も=傘下好調(12/01)

薬華医薬、PV治療向け新薬が米で承認(12/01)

網家、中華郵政との物流センター来年稼働へ(12/01)

主要都市の住宅坪単価、新竹市が上昇幅最大(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン