• 印刷する

タイからの入国者、隔離を免除に

カンボジアのフン・セン首相はこのほど、タイから空路入国する旅行者について、入国後の検疫隔離を免除する方針を明らかにした。実施時期など詳細は明らかにしていない。クメール・タイムズ(電子版)が26日伝えた。

フン・セン首相は先に行われた閣僚評議会(内閣に相当)で、経由便を含めタイからの航空便の受け入れを再開させるよう指示した。また、インドネシア、マレーシア、フィリピン路線も再開させる方針を示した。カンボジアは現在、中国とシンガポール、韓国からの航空便のみ、旅客便の乗り入れを認めている。

タイ政府は21日、カンボジアを含む46カ国・地域の新型コロナウイルスワクチン接種完了者を対象に、11月1日から隔離なしでの入国を認めると発表した。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 医療・医薬品観光

その他記事

すべての文頭を開く

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

インド太平洋で協力継続、日カンボジア首脳(12/02)

ラオスと首脳会談、コロナ対策などで協力(12/02)

アクレダ銀、ECプラットフォームを開設(12/02)

南アなど10カ国からの入国禁止、変異株対策(12/01)

規制緩和後の外国人入国者数、1.8万人超(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン