• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスのワ…

新型コロナウイルスのワクチン接種を拒み続けていた知人が1回目の接種を終えた。心変わりの理由を聞くと「このままだと何もできなくなりそうだったから」との返答。州をまたいで車で地元に帰るにも、毎回PCR検査を受けるのが面倒だったそうだ。

国内全体で見ても、依然として未接種者の割合は完了した人に比べて圧倒的に多い。ただ接種が完了していれば、できることも増えてきた。国内有数の観光地アクラン州ボラカイ島とボホール州では、ワクチン接種証明書の提示でPCR検査の陰性証明が免除される。

そんな報道につられてか、国内の高級ビーチリゾートはどこも年末年始の予約が埋まっていた。海外旅行ができない分、国内で発散しようという胸中だろうか。そんな人たちの足元を見て、宿泊施設もわずか数週間で金額を数倍に引き上げている。感染が再び拡大しないことを祈りたい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ナママスコ・ポ!」。…(12/07)

市中銀、石炭融資継続か 投資回収狙う、温暖化対策に逆行(12/07)

新型コロナ、新たに543人感染(12/07)

首都圏の複数病院、変異株拡大に備え(12/07)

首都圏の公立28校、対面授業を再開(12/07)

〔セブ通信〕セブ市、未接種者の施設出入り禁止(12/07)

ワクチン国内製造なし、比はアジアでまれ(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン