• 印刷する

11月からの「開国」、一部地域で不安の声も

タイ政府は11月1日から新型コロナウイルスのワクチン接種が完了した外国からの旅行者を検疫隔離免除で受け入れる、いわゆる「開国」を実施する計画だが、北部チェンマイ県、南部プラチュアプキリカン県では懸念が高まっている。新型コロナ感染の再拡大につながることも予想されるため。バンコクポストが24日報じた。

チェンマイ県では23日、新型コロナの新規感染者461人が確認されており、現時点では感染を抑制できていない。ただし、総人口93万4,051人のうち74%は新型コロナワクチン接種を完了しており、新規感染者の大半は無症状か軽症だという。

プラチュアプキリカン県は23日、新型コロナの新規感染者445人が確認された。感染を抑制できていないため、同県のビーチリゾートであるフアヒン郡とプランブリ郡は、可能であれば、11月1日の開国を延期するべきだと主張している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:赤地に黄色い一つ星の国…(01/27)

環境都市、各地が開発目指す チョンブリ県では5Gの実証実験(01/27)

新規感染者7587人、首都は1683人(26日)(01/27)

プーケット高速道、土地収用の法令案承認(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

首都の新ターミナル駅商業開発、来月に入札(01/27)

鉄鋼タタ、22年3月期の販売量2%増見通し(01/27)

21年4Qの首都圏地価、鉄道沿線で上昇続く(01/27)

ガルフ、中国企業とラオスで水力発電所開発(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン