• 印刷する

テイクオフ:初めてのインドでの賃貸…

初めてのインドでの賃貸契約で驚いたのは、契約書に11カ月ごとの家賃の引き上げが盛り込まれていたことだ。相場は10%前後という。契約に際した交渉でも、ここだけは譲歩してもらえなかった。インドでは毎年こんなに家賃相場が上昇していくのかと、急にものすごいスピードで成長する経済の中に放り込まれたような気分になった。

日々の生活では、家賃ほど目に見える価格の上昇は感じていなかったのだが、12月からマッチ1箱の価格が2倍になるという。価格の引き上げは14年ぶりだとか。「原材料価格の上昇がここにも」と、停電の際に大家がろうそくと一緒にくれたマッチを感慨深く眺めた。

数年単位では、街角で飲むチャイの価格も少しずつ上がっている気がする。数十年後に訪れたインドで、チャイの値段の高さにびっくりすることもあるかもしれない。(榎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアに旅立つ前、…(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

鍛造業界が事業多角化 EV・防衛産業向けに対応(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

国外でのオミクロン株確認を受け、各州警戒(11/30)

国際線到着、乗客5%に新型コロナ検査実施(11/30)

ボルタス、コンプレッサー工場の設置計画(11/30)

日用消費財市場、10~12月は縮小(11/30)

政府、MP州のエネ部門に1300億ルピー(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン