• 印刷する

テイクオフ:秋の紅葉を満喫する旅だ…

秋の紅葉を満喫する旅だったに違いない。陝西省西安で先週、報告されたコロナの国内感染者は上海からの旅行者だった。感染が拡大したのはいかんともし難いが、当局が公表した彼らの旅程は、中国北西部の景勝地を巡る旅だった。

旅程には初めて聞く地名も並んでいた。興味を引いたのが、内モンゴル自治区エジン旗。同地には有名な景勝地、コトカケヤナギの群生林があるという。ポプラの一種で、秋になると葉が美しい黄色に色づき、多くの観光客が訪れる。ただ、今年は感染拡大で厳戒態勢が敷かれている。

コトカケヤナギは胡楊と呼ばれ、「生きて千年枯れず、枯れて千年倒れず、倒れて千年腐らず」といわれているそうだ。このコロナも千年という単位でみればほんの一瞬のことなのかもしれない。人間の世界がどうあれ、同地では今年も悠然と黄金色の輝きを放っているに違いない。(優)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では触れたことがな…(12/01)

「中国投資、合理的判断を」 遠東会長、対中認識に懸念も(12/01)

各社の新型電動車が勢ぞろい 脱炭素に向け前進、エキスポ開幕(12/01)

情報と工業の融合に5年計画 ソフト・ビッグデータも発展へ(12/01)

海運運賃が春節まで上昇も、変異株発生で(12/01)

香港に地域仲裁センター、李克強首相が表明(12/01)

国家物流ハブ25カ所を公表、発改委(12/01)

炭酸リチウムが急騰、環境車の需要拡大で(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン