北部の石炭火発、韓国ポスコが持分売却決定

韓国鉄鋼最大手ポスコ傘下の発電事業会社ポスコエナジーは21日、ベトナム北部クアンニン省にある、モンズオン第2石炭火力発電所事業の権益30%の売却を決定したと発表した。 売却金額は2,175億ウォン(約210億5,280万円)。売却予定日は2024年10月18日だ。今回の権益売却の目…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

越系モール、民主派ボイコットで店舗休業(11/27)

22年の電力需要は8~12%増 EVN、北部で追加輸入も検討(11/29)

週末の市中感染3.9万人増、4波累計121万人(11/29)

国内線を来年1月に全面再開、民航局提案(11/29)

SGモータース、低温輸送設備の内需開拓(11/29)

ハノイ鉄道の平均乗車率は6.3%、22~24日(11/29)

ベトナム航空、3Qは3.5兆ドン赤字(11/29)

鉄鋼ホアファット、クアンガイの工場拡張へ(11/29)

双日とビナミルク、北部の牛肉事業で覚書(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン