司法省、麻薬戦争の死者6千人を調査

フィリピン司法省は21日、ドゥテルテ政権による麻薬犯罪取り締まりの死者として把握している6,000人以上について、調査する必要があると明らかにした。国連など国際社会からの圧力があるとみられる。インクワイラーなどが伝えた。 死者数が多いため、向こう数カ月かけて特定の都市…

関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:定点観察は物事の変化を…(01/27)

22年昇給率、4.3%に縮小 コロナ禍で日系企業、NNA調査(01/27)

新型コロナ、新たに1万5789人感染(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

オミクロン株の死者計5人に、保健省(01/27)

公共交通の利用制限、出勤者は30日猶予(01/27)

〔ミ島通信〕ダバオ、外出禁止800カ所超に(01/27)

運輸省、交通機関の接種会場拡大へ(01/27)

未接種者の「差別」に苦情、弁護人事務所(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン