〔ミ島通信〕鉄道事業第1期、コンサル契約

フィリピン運輸省は20日、中国の政府開発援助(ODA)で進めるミンダナオ鉄道敷設事業の第1期について、中国鉄路設計集団(CRDC)、広州万安建設監理のコンソーシアムと、事業監督・コンサルティング契約を結んだ。落札額は30億7,773万ペソ(約69億円)。8月に落札していた…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府は新型コロナウイル…(01/24)

首都圏の感染者42%減 7日間平均、拡大ピーク越え(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

新型コロナ、新たに2万9828人感染(01/24)

大統領候補ら討論会、マルコス氏は不参加(01/24)

与党PDP、副大統領候補サラ氏を公認(01/24)

副大統領、仲裁判断認めれば中国と資源開発(01/24)

台風22号の被災地、中部は電力8割復旧(01/24)

人口増加率、コロナ禍で75年ぶり低水準(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン