職場接種の義務化、大統領顧問呼び掛け

フィリピンのジョーイ・コンセプシオン大統領顧問(起業支援担当)は、労働雇用省に対し、職場での新型コロナウイルスワクチンの接種を義務化するよう呼び掛けている。19日付トリビューンなどが伝えた。 感染リスクが高いとされる工場やビジネス・プロセス・アウトソーシング(B…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国民の間で2022年総…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

地場大手、海外事業を強化 インフラなど、国内経験生かす(12/02)

18歳以上への追加接種、食品医薬品局が承認(12/02)

新型コロナ、新たに500人感染(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

高規格道路の基本計画、日本政府が引き渡し(12/02)

エネ省がグリーン水素生産検討、独支援で(12/02)

経済区庁、在宅勤務規制の見直し断念(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン