国内初の蓄電システム導入へ 中南部の太陽光発電所、米が支援

ベトナム中南部カインホア省の太陽光発電所で、米国政府が支援する最新の蓄電池システム導入試験が始まることになった。電力ロス削減や国の送電網に対する電力の安定供給につなげるのが目的で、成果が確認されれば国内での導入に弾みがつく可能性がある。蓄電池は気象条件などに左…

関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 電機天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

鉱工業生産5カ月ぶりプラス 11月は5.6%上昇、規制緩和で(11/30)

入国規制の早期緩和、ベトナムと協議(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

市中感染1.4万人増、4波累計122万人(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

21年11月の主要鉱工業製品の生産量(表)(11/30)

越系モール、民主派ボイコットで店舗休業(11/30)

移動制限や需要影響に懸念、水際対策強化の成田(11/30)

11月の輸出入は過去最大、累計収支黒字に(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン