• 印刷する

《安全》感染者1.1万人、2日連続で1万人超(14日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は14日、新型コロナの感染者が新たに1万1,276人確認されたと発表した。2日連続で1万人を上回った。1日当たりの新規感染者が2万人を超えていた8月半ばのピーク時に比べると減少したが、依然として1万人前後で推移している。市中感染者は1万1,090人。死者も112人と、6日ぶりに100人を上回った。

感染者のうち、1万413人が医療機関の検査で、677人が積極的疫学調査で、134人が刑務所・拘置所で確認された。それ以外の52人は海外からの帰国・入国者だった。

市中感染者を地域別にみると、首都バンコクが1,095人で最多。1,000人を超えたのはバンコクのみで、深南部ヤラー県が785人、南部ソンクラー県が594人、深南部ナラティワート県が545人、南部ナコンシータマラート県が500人、深南部パッタニ県が468人で続いた。

死者は生後3カ月~93歳の男性60人、女性52人。ミャンマー人4人とカンボジア人1人が含まれていた。地域別にみると、バンコク東郊サムットプラカン県が14人、ナコンシータマラート県が10人、バンコクが8人など。

累計の感染者は175万1,704人、回復者は前日から1万407人増えて162万5,750人。死者は1万8,029人となった。

13日には34万3,822人が1回目のワクチン接種を、21万9,841人が2回目の接種を完了。2万331人が3回目となるブースター接種(追加接種)を受けた。累計の接種回数は6,257万9,803回となった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都飲食店での飲酒、1日から午後11時まで(14:47)

テイクオフ:食にもトレンドがあるが…(11/30)

タイエアアジア、12月にカンボジア便再開へ(11/30)

カイゼン支援をIoTで推進 日系iスマート、タイで商機探る(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

感染者4753人、4カ月ぶり4千人台(29日)(11/30)

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

財務省、EVの輸入関税引き下げを検討(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン