不透明感残るも3Qに景気は底打ち=中銀

タイ中央銀行(BOT)は、同国の景気について、不透明感は残るものの2021年第3四半期(7~9月)に底を打ち、今後は回復に向かうとの認識を示した。 中銀は14日、9月29日に開いた金融政策委員会(MPC)会合の議事録を公開。議事録では、新型コロナウイルスのワクチン接種…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者4971人、死者は33人(2日)(15:24)

テイクオフ:新型コロナウイルスの新…(12/02)

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

電子部品決算、6社が増収増益 世界需要増やバーツ安が追い風に(12/02)

感染者4886人、3日連続で4千人台(1日)(12/02)

10月のメーカー別自動車輸出、3社が増加(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

タイの仕向け地別の車輸出台数(21年10月)(12/02)

PTT子会社、商業施設6軒にEV充電施設(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン