• 印刷する

テイクオフ:自動車工場のカフェテリ…

自動車工場のカフェテリアでは、エンジニアらしい男性が1人、食事をしながらビールを飲んでいた。「アルコール分はない」と案内担当者は説明したが、小瓶のラベルには2.1%とある。勤務中に「ちょっと飲酒」はうらやましいが、安全対策は大丈夫かと気になった。

スウェーデンにあるこの工場は、経営破綻した10年前まで名車「サーブ」を生産。その後、NEVSという会社になり、自分が訪れた時は、電気自動車の開発や受託生産で生き残ろうとしていた。ただ工場は稼働しておらず、放置された部品の通い箱が赤くさびていた。

担当者は「祖父はサーブの航空機製造に、父は自動車製造に携わった。私は中国メーカーの従業員だ」と語った。NEVSを2年前に買収したのが、現在経営危機が伝えられる中国恒大集団。この影響でNEVSでは従業員の解雇が既に始まった。工場で会った人たちが気になる。(遠)


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、香港では珍しい日…(12/02)

インド太平洋で協力継続、日カンボジア首脳(12/02)

独新政権、中国に厳格姿勢(12/02)

日本を高リスク国に指定 3日から、非居民は入境禁止(12/02)

韓国からの日本入国、施設で6日間待機(12/02)

渡航制限流れ止まらず、WHO勧告拘束力なく(12/02)

10月のメーカー別自動車輸出、3社が増加(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

スズキがイーコ値上げ、エアバッグ装着で(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン