• 印刷する

PCホーム、メルカリと越境販売で提携

台湾電子商取引(EC)大手の網路家庭国際資訊(PCホームオンライン、網家)は12日、傘下で海外商品を代理購入するサービス「比比昂(Bibian)」がフリーマーケットアプリ運営のメルカリと業務提携すると発表した。比比昂のサービスを通じ、台湾向けにメルカリの商品を越境販売する。

台湾の消費者が比比昂のウェブサイト上に掲載されたメルカリの商品を注文すると、比比昂の公式アカウントが消費者に代わって商品を購入し、受領・検品した上で台湾に発送する。メルカリの出品者は従来の配送方法と配送料で取引が可能。商品はPCホームのサイトからも検索ができる。

工商時報によると、網家のセン宏志董事長(セン=膽のつくり)は「提携を通じて越境ECの発展を加速させ、比比昂の売上高を向こう5年で100億台湾元(約403億円)に引き上げる」と述べた。

比比昂によると、今年1~9月の受注件数は前年同期比2.6倍、第3四半期(7~9月)のサービス全体の取引総額(GMV)は新型コロナウイルス感染拡大前の3.5倍にそれぞれ急増した。

比比昂は今年に入り、日本の国際貨物事業者やEC業者と相次ぎ提携を決めている。今後も引き続き日本の業者との提携を拡大する方針。

このほか、東南アジアや韓国、米国で越境販売に向けた取り組みを進めているという。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ヘイシリ、タイマー3…(10/27)

台湾セメントが電池生産強化 120億元投資、背景に脱炭素社会(10/27)

新型コロナの域内感染、26日はゼロ(10/27)

オムロン、ロボットの達明機器人に出資(10/27)

パネル供給過多、来年1Qに過去最高水準に(10/27)

エイサー、クロームブック市場で世界2位(10/27)

受動部品の佳邦科技、竹南第2工場で上棟式(10/27)

SSDモジュールの20年出荷、威剛は2位(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン