【法律解体新書】第109回 高給労働者が違法解雇された場合の経済賠償金(二)

■二、経済賠償金の計算時に勤続年数の最高額規制を受けるべきか? (1)二つの見解及び理由 この問題に対しては二つの見解があります。 一つ目の見解は、賠償金の計算において最高12年の勤続年数の規制を受けるべきではないというものです。理由は次の通りです。 (a)《中…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国本土との隔離なし往…(11/29)

オミクロン株封じへ厳戒 流入症例2人確認、検疫強化(11/29)

本土往来問題は「作業段階」に、第2回会議(11/29)

ワクチン車を導入、高齢者らに出張接種(11/29)

週末3日で10人感染、域内ゼロ=計1万2427人(11/29)

隔離駐在員に手当、モルガンスタンレーも(11/29)

厳しい検疫、金融センターと両立可能=当局(11/29)

急反落、ハンセン指数は2.7%安=香港株式(11/29)

本土不買運動が響く、ビタソイ中間95%減益(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン