3大都市の経済、軒並み縮小 7~9月、ホーチミン24%減

ベトナムの3大都市の実質域内総生産(GDP)成長率が、第3四半期(7~9月)は軒並みマイナスに落ち込んだ。最大の経済都市ホーチミン市のマイナス幅は前年同期比24.4%減と記録的な大きさになり、中部ダナン市も2桁減少した。新型コロナウイルスの抑制を目的とした社会隔離…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品農林・水産その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼大手、高炉計画を拡張か クアンガイ省で追加投資提案(12/02)

市中感染1.4万人増、4波累計124.7万人(12/02)

消費者物価、11月は前年比2.1%上昇(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

政府統計の質向上を支援、デンマーク(12/02)

TOTOが水栓金具工場、海外生産4割増(12/02)

王子HDが段ボール新工場、50億円投資(12/02)

大企業番付、サムスン現法が5年連続首位(12/02)

1~11月輸出、鉄鋼が初めて100億ドル超(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン