20年度は目標の6割止まり FDI、前年度比22%減38億ドル

2020年度(20年10月~21年9月)のミャンマーへの海外直接投資(FDI)実績が先ごろ明らかになり、ティラワ経済特区(SEZ)を除く投資認可額は前年度比で22%減の37億9,140万米ドル(約4,295億円)だった。2月の政変後に投資認可数がゼロだった月も複数回あり、通年目標とし…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

民主派市民に加勢を強要か カレン族勢力、断れば暴行も(12/01)

東南ア車生産、3カ月連続増 10月、コロナ一服で販売も好調(12/01)

国軍関係者の殺傷相次ぐ、民主派摘発(12/01)

国軍統制の裁判所、スーチー氏への判決延期(12/01)

休業状態の越系モール、入居店舗呼び出しも(12/01)

新規感染、2日連続で400人下回る(12/01)

ワクチン接種の年内目標、近く達成=保健当局(12/01)

女性のAI人材団体を支援、エアリテック(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン