持続可能性分野の振興へ、1.8億Sドル拠出

シンガポール企業庁は1日、企業のサステナビリティー(持続可能性)への取り組みを振興する枠組みとして「エンタープライズ・サステナビリティー・プログラム(ESP)」を始動すると発表した。最大1億8,000万Sドル(約148億円)を拠出する。 同プログラムでは、3つのレベル…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年の春節(旧正月)が…(01/24)

感染者急増、オミクロン流行で 追加接種・自主隔離の対象拡大(01/24)

【学びの機会】第2回 帰国生入試だけではない(01/24)

回復直後の入国者、24日から検査や待機不要(01/24)

待機なし入国枠組み、24日から検査規定緩和(01/24)

チャンギ空港利用者、コロナ流行以降で最多(01/24)

伊勢丹の東部カトン店、1月末に閉店(01/24)

日本工営が2社と提携、気候変動対策などで(01/24)

通信シングテル、インドネシアの銀行に出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン