新疆綿、人権リスクで取引自制拡大

【共同】中国新疆ウイグル自治区で生産された「新疆綿」を巡り、日本の大手アパレル、スポーツ関連企業10社超が使用停止や使用量削減などの調達見直しを決めていたことが26日、共同通信の調査で分かった。米中対立を背景に、米欧は中国での少数民族ウイグル族の強制労働を理由とし…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

テイクオフ:この夏、上海出身の中国…(10/20)

マツダ、SUV「CX―8」の新モデル投入(10/20)

ANA、シドニー路線の追加運休便を発表(10/20)

ジョコ氏就任7年、高速鉄道で批判(10/20)

アジアIT人材が遠隔勤務、パソナが紹介(10/20)

経済界「日本の姿議論を」、エネルギー(10/20)

高島屋の元従業員など、汚職で10カ月の禁錮(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン