中国政府、パイプライン攻撃に懸念伝達か

中国政府関係者が、ミャンマーでの武装勢力による反中運動の扇動や石油・ガスパイプラインの攻撃を不安視しているようだ。ミャンマーに駐在する中国の外交官らがこのほど、ミャンマー国軍に懸念を伝えた。 イラワジ(電子版)が24日、複数の消息筋の話として伝えた。それによると…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アセアン首脳会議に代表欠席 議長声明案、実現の道険しく(10/27)

ミャンマー国軍、ASEANへの抗議否定(10/27)

岸田首相、27日にASEAN会合出席へ(10/27)

米がクーデターの責任追及、民主派と会談(10/27)

国連、ミャンマー新特使にヘイザー氏任命(10/27)

英政府、安保理でミャンマー危機協議を主導(10/27)

国軍支持者らがデモ行進、ネピドーなど(10/27)

総司令官=都市部の自動車、全てをEVに(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン