IT活用のコロナ対策PR、世界ネット大会で

【烏鎮共同】中国政府が毎年主催する世界インターネット大会が26日、浙江省烏鎮で開幕した。自国のIT技術をアピールするとともに、人工知能(AI)や高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムを生かした新型コロナウイルス対策を国際社会に宣伝したい考えだ。 開幕式では…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

22年の祝日発表、春節連休は1月31日から(11:50)

テイクオフ:秋の紅葉を満喫する旅だ…(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

広がる新たな国内感染の波 170人超え、ブースター強化へ(10/26)

国内感染、内モンゴルなど35人(10/26)

物流混乱がXマス商戦に影響、業界に不安(10/26)

不動産税収入は最高10兆円、研究機関予測(10/26)

コロナ検査陽性率、3カ月半ぶりに5%切る(10/26)

政府が産業転換に注力、低炭素化に向け(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン