五倍券の経済効果1400億元、中経院予測

台湾の大手民間シンクタンク、中華経済研究院(中経院)の張伝章院長はこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた産業の支援を目的とした消費振興券「振興五倍券」が域内総生産(GDP)を最大で1,400億台湾元(約5,590億円)押し上げるとの見通しを示した。政府が試…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、3日連続ゼロ(16:17)

コロナ警戒第2級延長、集会人数の上限撤廃(16:05)

テイクオフ:新型コロナウイルスの警…(10/28)

TSMCが5ナノ強化版発表 来年に設計完了、アップル採用か(10/28)

新型コロナの域内感染、27日はゼロ(10/28)

日本提供のワクチン到着、蔡英文総統が謝意(10/28)

聯発科技の3Q純益284億元、最高更新(10/28)

ファウンドリー価格、上昇続く=力積電(10/28)

台湾半導体産業に課題複数、SEMIが指摘(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン