米ボーイング、豪QLDで軍用無人機製造へ

米航空機大手ボーイングは26日までに、オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州トゥーンバで、オーストラリア軍向けの軍用無人機(ドローン)を製造する計画を発表した。同社は米国外で初めて最終段階の組立工場を新設する。豪米英は15日に新しい安全保障枠組み「AUKUS…

関連国・地域: 中国オーストラリア米国
関連業種: その他製造政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアにワーホ…(10/27)

通信大手のオセアニア事業買収 テルストラと豪政府、中国を阻止(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

豪が50年までのネットゼロ宣言、技術投資へ(10/27)

豪各州で規制緩和加速、SAも州境開放へ(10/27)

海運労組、メルボで11月から週3スト再開(10/27)

隔離なし入国枠組み、豪州とスイスを追加(10/27)

豪食品小売、物流コストの顧客転嫁でジレンマ(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン