恒大系が土地代金未納、安徽省で契約解除

安徽省安慶市政府は22日、経営危機問題が浮上している大手デベロッパー、中国恒大集団(広東省深セン市、チャイナ・エバーグランデ・グループ)傘下の恒大地産集団が一部出資する安慶粤通置業が土地取得代金を支払わなかったとして、同社が手掛ける「恒大中央公園プロジェクト」(…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

肉牛の育成を強化、中国への輸出拡大へ(10/25)

テイクオフ:中国の7~9月期の経済…(10/25)

外資引き入れの5カ年計画 ハイテクに重点、7千億$目標(10/25)

各地で不動産税導入へ、住宅価格を正常化(10/25)

60年に非化石比率8割に、温暖化対策計画(10/25)

TPPへ加入方針固める、来月初め宣言へ(10/25)

金管局、大湾区フィンテックで人民銀と協力(10/25)

鉄鋼や石油精錬のエネ消費削減を指示、発改委(10/25)

石炭価格を調査、生産や貿易企業が対象(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン