ワクチン国内生産、来年4月にも開始

フィリピンのロペス貿易産業相は22日、新型コロナウイルスワクチンの国内生産を早ければ2022年4月にも開始できるとの見通しを示した。政府が本格的なワクチン製造施設の設立を計画していることも明らかにした。 ロペス貿産相によると、現時点でワクチン生産に名乗りを上げている…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに356人感染(12/07)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(10月) 主要6カ国全てで上昇、4カ国で上げ幅拡大(12/08)

テイクオフ:「ナママスコ・ポ!」。…(12/07)

市中銀、石炭融資継続か 投資回収狙う、温暖化対策に逆行(12/07)

新型コロナ、新たに543人感染(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン