いすゞ、工場に太陽光発電 22年半ば稼働、三菱商事など受注

いすゞ自動車は、フィリピンの首都マニラ南方のラグナ州に構える工場に屋根置き型の太陽光発電システムを導入する。2022年7月ごろの稼働を予定し、消費電力コストを年約25%削減する。将来の経済成長で電力不足などが懸念されるなか、自社による調達力を高める。三菱商事と地場企…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン人の知人が、…(12/06)

オミクロン株に警戒広がる 南アからの入国者、コロナ陽性(12/06)

新型コロナ、新たに603人感染(12/06)

水際強化、PCR陰性証明義務付け(12/06)

比人100人、変異株対策で帰国できず(12/06)

国家接種デー、5日間で990万人到達(12/06)

北部でかんがい施設改修、日本支援(12/06)

経済開発庁、コロナ共生前提で活動再開を(12/06)

経済区庁、電力合理化へメラルコと提携(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン