• 印刷する

カナLNG火発、5グループで国際入札へ

ベトナム中南部ニントゥアン省人民委員会はこのほど、カナ電力センター内に建設する液化天然ガス(LNG)火力発電所の第1期分入札に関する事前審査を通過した5グループを公表した。今後は同省計画投資局が、国際競争入札で請負業者の選定を進めていく。21日付国営ベトナム通信(VNA)が伝えた。

事前審査を通過した5グループは、▽韓国ハンファグループ傘下のハンファエナジー、韓国ガス公社、韓国電力公社の共同事業体▽タイの独立発電事業者(IPP)ガルフ・エナジー・デベロップメント傘下のガルフMP(タイ)▽東京電力と中部電力が共同出資する火力発電会社JERA(ジェラ)▽ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)傘下のペトロベトナム電力総公社(PVパワー)、シーメンス・エナジー(ドイツ)、ザルベジネフチ(ロシア)の共同事業体▽チュンナム・グループ傘下のチュンナム建設投資社――。

カナ電力センターの出力は150万キロワットで、総事業費は49兆ドン(約21億5,000万米ドル、約2,360億円)。2025~26年の商業運転開始を見込んでいる。


関連国・地域: 韓国タイベトナム日本ロシア欧州
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

市中感染3592人増、4波累計89.1万人(10/27)

ホーチミン市の店内飲食、解禁に期待と不安(10/27)

営業禁止のカラオケ店、機材レンタルに活路(10/27)

9月の完成車輸入、前年比32%減の8669台(10/27)

自動車企業の税納付3カ月猶予提案、商議所(10/27)

21年GDPは楽観でも2.5%増、ハノイ国家大(10/27)

首相、政府機関の公共投資実行に奮起促す(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン