• 印刷する

医療機器の米サイティバ、韓国に58億円投資

バイオ医療・生命科学関連機器を手掛ける米サイティバ(旧GEヘルスケア・ライフ・サイエンシズ)が、2022年から向こう3年間で5,250万米ドル(約57億5,000万円)を投資して韓国に生産施設を新設する。新型コロナウイルス感染症の拡大後、同分野の海外メーカーとしては初めて対韓投資を決めた。

韓国青瓦台(大統領府)によると、米ニューヨークで21日(現地時間)、訪米中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領立ち会いの下で米韓ワクチン協力協定締結式が開かれ、サイティバが韓国産業通商資源省にこのような投資計画を届け出た。

アジアでのワクチン・バイオ医薬品事業の生産拠点を韓国に設置する予定だ。世界的にバイオ医薬品の需要が拡大する中、同社は8月に大規模投資を表明していた。


関連国・地域: 韓国アジア米国
関連業種: 電機医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1420人、9日連続2千人未満(18:13)

ワクチン完了35.4万人増、接種率64.6%(11:08)

全国のコロナ警戒レベル、10月末まで延長(11:09)

現代自、鄭義宣体制1年 炭素中立実現へのシフト加速(10/15)

新規感染者1940人、6日連続2千人未満(10/15)

ワクチン完了41万人増、接種率61.6%(10/15)

自動運転協会が正式発足、官民一体で推進(10/15)

現代トランシス、次世代車向けシート開発へ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン