• 印刷する

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に

世界知的所有権機関(WIPO)が発表した2021年版「世界イノベーション指数(GII)」で、韓国がアジア太平洋地域で1位となった。昨年まで同地域で7年連続首位だったシンガポールを追い越した。

GIIは世界132カ国・地域を対象にWIPOなどが調査。イノベーション(技術革新)の可能性と成果を80項目で評価した。

韓国は世界全体では5位だった。人材や研究の質が首位だったほか、ビジネスの洗練度、保有する知的財産権の数などの成果、創造性の成果がそれぞれ10位以内となり、前年の10位から順位を上げた。

シンガポールは前年と同じ世界8位だった。政治・規制・ビジネス環境で1位を維持。ビジネスの洗練度は3位だった。保有する知的財産権の数などの成果も15位から13位に浮上した。

アジアではこのほか、中国、日本、香港が20位以内、マレーシア、タイ、ベトナム、インドが50位以内にそれぞれ入った。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:陸路でつながっているマ…(10/26)

アンテナ店やECで販売推進 石川県、BtoC事業を強化(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

コアインフレ率1.2%、2年4カ月ぶり高水準(10/26)

通信シングテル、カード関連子会社を売却(10/26)

西部ジュロン島、再生エネ活用の提案募集(10/26)

UMC、シンガポールに新工場建設か(10/26)

生配信ハイパーライブ、イベント会社と提携(10/26)

半導体マイクロンの元幹部、汚職で罰金刑(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン