出稼ぎ労働者、西カリ検問所で56人陽性隔離

インドネシア政府は新型コロナウイルス対策として、出稼ぎ労働者が帰国する際の入国管理を厳しくしている。アンタラ通信が20日伝えた。 西カリマンタン州エンティコンの国境検問所所長によると、同検問所には毎日30~100人がマレーシア・サラワク州などから帰国している。出稼ぎ労…

関連国・地域: マレーシアシンガポールインドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バリ島での外国人観光客…(10/19)

法人税、一定条件で19% 企業の税優遇、国税規則調和法(10/19)

活動制限11月1日まで、首都圏レベル3維持(10/19)

自動車奢侈税改正、EVに移行効果は限定的(10/19)

国際線入国5空港に、バリは2時間に1便(10/19)

新興データセンター運営社、バタム島に投資(10/19)

国鉄、セメント輸送を1日400トンに拡充(10/19)

今年の住宅販売は倍増予測、税制優遇などで(10/19)

重機販売、1~8月は99%増の8821台(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン