航空業界、接種者の行動制限緩和を要請

フィリピンの航空業界が、新型コロナウイルスワクチンの接種を完了した人を対象に行動制限を緩和するよう政府に求めている。国内線利用者のPCR検査や国際線利用者の長期間の隔離などを見直し、コロナ禍で打撃を受けた業界の持ち直しを狙う。17日付スターなどが伝えた。 フィリ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日が落ちた頃、路上に体…(10/28)

いすゞ、工場に太陽光発電 22年半ば稼働、三菱商事など受注(10/28)

新型コロナ感染3218人、5カ月ぶり低水準(10/28)

未成年への接種、11月3日から対象拡大(10/28)

首都圏5市、コロナ集団免疫の獲得水準に(10/28)

11月末に新規感染2千人下回る、比大機関(10/28)

セブパシ航空、複数出発便にPCR検査不要(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン