中鋼の鋼材価格、10月と4Qも引き上げ

台湾鉄鋼最大手の中国鋼鉄(CSC、中鋼)は15日、2021年10月と第4四半期(10~12月)の台湾域内向け鋼材価格を平均で1.32%引き上げると発表した。1トン当たりの値上げ幅は最大で1,500台湾元(約5,900円)となる。 10月は電磁鋼製品(エレクトリカル・スチール・コイル)をト…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:現在放映中の台湾ドラマ…(10/26)

商業3種の9月売上高が改善 小売りは増収、飲食も減収率縮小(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

新型コロナの域内感染、25日は2人(10/26)

台湾の鴻海がEVと電池生産を計画=投資省(10/26)

コロナ警戒、第1級に引き下げず=指揮官(10/26)

水際対策緩和、2回目接種率6割が条件(10/26)

UMC、シンガポールに新工場建設か(10/26)

ファウンドリー各社、22年も値上げか(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン