国連大使ポストの行方協議へ 総会開幕、軍と民主派深まる対立

第76回の国連総会が、米ニューヨークの国連本部で現地時間の14日に開幕した。2月の軍事クーデター後、国軍と民主派がポストを争うミャンマー国連大使の処遇も協議される見通し。民主派の現職、チョー・モー・トゥン氏は、開幕日に出席した。日本を含む世界各地では、民主派のミャ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

感染1千人、ヤンゴンなど外出自粛解除(18:24)

中部で行政官40人辞任、武装市民の警告受け(18:24)

20年度輸出入とも2割減 政変後に減速、9年ぶり黒字に(10/28)

完全な合意履行要請、ASEANが議長声明(10/28)

コロナ、経済再生で支援=日中韓ASEAN(10/28)

米大統領、ミャンマーの暴力に懸念表明(10/28)

民主派政府の承認を=ASEAN「大使」(10/28)

弾圧の死者1200人、直近1カ月余で100人増(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン