感染対策、コロナと共生前提 回復にインフラ整備、政府責任者

フィリピン政府の新型コロナウイルス対策本部が策定する国家行動計画の実行副責任者、ビンス・ディゾン氏はオンラインでNNAの単独インタビューに応じ、感染対策について「コロナが収束しないことを前提に共生する道を探るべきだ」と指摘した。大規模インフラ整備計画の大統領顧…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日が落ちた頃、路上に体…(10/28)

いすゞ、工場に太陽光発電 22年半ば稼働、三菱商事など受注(10/28)

新型コロナ感染3218人、5カ月ぶり低水準(10/28)

未成年への接種、11月3日から対象拡大(10/28)

首都圏5市、コロナ集団免疫の獲得水準に(10/28)

11月末に新規感染2千人下回る、比大機関(10/28)

セブパシ航空、複数出発便にPCR検査不要(10/28)

マルコス大統領候補、比の物流ハブ化提案(10/28)

〔セブ通信〕セブ空港、職員向け施設完成(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン