• 印刷する

テイクオフ:デリー首都圏に住むイン…

デリー首都圏に住むインド人は雨が好きだ。「やっと雨が降ったよ! いいお天気だ」というメッセージが同僚から届いたのはたしか、5月の中旬。その後モンスーンが始まり、今も毎日のように雨が降っているという。

日本も今年は雨が多すぎて、一部の野菜は根腐れの心配が出ている。日照時間が少なかったからなのか、今が旬の栗も、今年は例年より小ぶりだ。しかしデリー首都圏では、雨はどこまでいっても「天からの恵み」であるらしい。「モンサム・アッチャーへー(グッド・モンスーン、良いお天気)」という言葉が、このところも多く聞かれる。

「インド人は雨の日に、急にロマンチックな気分になるんだ」と、デリー出身の友人は言う。中には奥さんと一緒にいたくて、会社を休んでしまう人もいるとか。そしてそんなロマンチストは、翌朝出社して、同僚にからかわれるそうである。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドは長い独立闘争の…(10/25)

TVSが電動車事業に本腰 子会社設立、月産1万台へ(10/25)

TVSの7~9月売上高、四半期で過去最高(10/25)

インド撤退の米フォード、子会社に資金注入(10/25)

配車オラ、新車・中古車販売サービス拡大(10/25)

カーズ24、年内に7カ所の修理拠点を設置(10/25)

楽天メディカル、がん治療で医療ITと提携(10/25)

アストラゼネカ、臨床データ特化の新部門(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン