新興国の健診需要に期待 富士フイルム、AI診断検証開始

富士フイルムは9日、インドで人工知能(AI)による画像診断支援の有効性の検証を開始した。南部ベンガルール(バンガロール)で今年2月に開業した健診センターで、2,300人分の胸部・腹部CTスキャン画像を使って検証を実施。医師の診断をAIがサポートすることで、画像データ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:南アジアにはサッカーの…(10/28)

半導体不足が業績に打撃 マルチスズキ、7~9月65%減益(10/28)

マレリとマザーサン、車照明の金型工場新設(10/28)

EV電池の生産誘致、政府が5カ国で説明会(10/28)

リライアンスBP、新ブランドの給油所開設(10/28)

マヒンドラEV、ネパールで電動三輪発売(10/28)

リチウム電池のリサイクル、NITIが要望(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン