【タイ政治社会の潮流】「国家芸術家」からスチャート氏を除名 第358回

タイの政局そのものは大きくは動く気配はないようである。しかし、昨年8月ころから本格化したプラユット政権打倒、王室改革、憲法改正などを要求する「若者反乱」は全国に波及し、この1年間コロナ禍の拡大と並行しながらもほぼ毎日のように続いている。従来の反政府運動との違い…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都飲食店での飲酒、1日から午後11時まで(19:23)

テイクオフ:食にもトレンドがあるが…(11/30)

タイエアアジア、12月にカンボジア便再開へ(11/30)

カイゼン支援をIoTで推進 日系iスマート、タイで商機探る(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

感染者4753人、4カ月ぶり4千人台(29日)(11/30)

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン