SKが中国に電池新工場 1170億円投資、安全性の課題も

韓国エネルギー大手のSKイノベーションは、中国江蘇省塩城市に同国で4カ所目となる車載バッテリー工場を新設する。投資額は10億6,000万米ドル(約1,170億円)。世界での生産能力を高めて、電気自動車(EV)の本格的な普及に備える戦略だ。ただ、同社バッテリーは発火懸念があ…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機化学


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンの3Q営業益28%増 半導体けん引、受託生産強化へ(10/29)

韓国ポスコ、シュエガス田開発への投資継続(10/29)

新規感染者、20日ぶりに2千人台に上昇(10/29)

ワクチン完了25.6万人増、接種率72%(10/29)

外国人労働者、11月にも入国制限緩和か(10/29)

在宅勤務者、コロナ禍で初の100万人超え(10/29)

ばねSSSが韓国社と合弁、南部に座席工場(10/29)

車・家電業界、ウィズコロナへ稼働強化(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン