• 印刷する

米カーギル、チョコレートメーカーを買収

米穀物メジャーのカーギルは、シンガポールのチョコレートメーカー、アールスト・チョコレートを買収する。アジア太平洋地域のココア、チョコ事業を強化するのが狙い。買収額など取引の詳細は公表していない。

アールストは2003年に創業したシンガポール初のチョコレートメーカー。日本を含む50カ国・地域以上に業務用チョコレートを輸出している。シンガポールのパーム油大手ウィルマー・インターナショナルが50%を出資している。

カーギルは子会社カーギル・ココア&チョコレートのアジア太平洋部門にアールストを統合する。アールストがシンガポールで運営する工場、シンガポールと中国の上海にある研究開発拠点、9月に開設するインド工場も同部門に移管する。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 食品・飲料金融

その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、4期ぶり増益 新CEOの下で純利益3.5倍に(05/28)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新規感染3323人、4日連続減少(28日)(13:03)

新規感染3830人、3日連続減少(27日)(10:05)

サービス業売上高、4四半期連続で2桁上昇(09:23)

新興カーシェア、現代自の新型EV導入へ(05/28)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(05/28)

OCBC銀に資本増強命令、詐欺事件で(05/28)

小売り・不動産メトロ、通期は36%減益(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン