【知識探訪】タブンハジとマレーシア――巡礼資金の預金とその運用 上原健太郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科特任研究員)

イスラム教徒(ムスリム)にとって、人生で一度はサウジアラビアの聖地メッカへ巡礼することが宗教的義務とされている。東南アジア地域はメッカから遠方であり、巡礼を行うに当たっての旅費や留守宅を支える費用が、多額に及ぶことになる。 従って、イスラム教徒の多くは、日々の…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシア政府はこのほ…(01/17)

フン・セン氏の強行策で波紋 ASEAN、外相会議も先送り(01/17)

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(01/17)

JCB、ソフトスペースに出資 ASEAN地域で事業強化へ(01/17)

感染者の隔離、追加接種完了者は5日間に(01/17)

新規の滞在ビザ取得者も入国許可申請不要に(01/17)

RM1=27.3円、$1=RM4.18(14日)(01/17)

新規感染3010人、累計280.8万人(01/17)

ペステック、リチウム電池再生事業を推進へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン