北京のPM2.5濃度、7月も観測以来最低

北京市生態環境局は9日、同市における7月の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度が1立方メートル当たり16マイクログラムとなり、単月としては観測開始以来、過去最低の水準に改善したと発表した。5月から3カ月連続で過去最低を更新した。生態環境局の測定基準で大気が「優良」…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

若年層は月収の25%を貯蓄、直近4年の最高(17:21)

テイクオフ:「3回目どころか、1回…(10/28)

中国電信の免許取り消し、安全保障上の脅威=米(10/28)

非化石エネ比率が石炭超えへ 設備容量ベース、年末までに(10/28)

CO2ピークアウトに行動計画、30年達成へ(10/28)

石炭価格は「年末に大幅下落」、発改委(10/28)

豪中ワイン関税問題、WTOがパネル設置(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン