• 印刷する

ACエナジー、太陽光発電でアジア展開

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション傘下の発電会社ACエナジーは5日、再生可能エネルギー発電子会社を通じ、太陽光発電所の開発を手掛けるマレーシア系NEFINホールディングと合弁会社を設立すると発表した。アジア各国で太陽光発電事業を展開する。

子会社ACリニューワブルズ・インターナショナル(ACRI)とNEFINが折半出資して合弁会社を設立する。アジア全域で屋根置き型の太陽光発電システムの開発、運営を手掛ける。発電容量は計2万1,000キロワットになる見込み。

ACリニューワブルズは、向こう数年のプロジェクト実施に必要な資金として、合弁会社に1,000万米ドル(約11億円)を注入する。さらに事業を拡大する際には、追加で資金を提供する考え。

ACエナジーは東南アジア最大の再生エネ発電事業者になることを目指している。2025年までに発電設備容量を500万キロワットに引き上げる計画だ。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「845ペソ(約2,1…(06/30)

経済成長、実感乏しく ドゥテルテ政権の6年振り返る(06/30)

政権批判ニュースに閉鎖命令、証券委(06/30)

メラルコ、環境エネ開発で韓国社と提携(06/30)

電子業界、22年輸出10%増の見通し維持(06/30)

21年の国内観光38%増、外国人は89%減(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン