【動く台湾経済】台北南港地区のポテンシャル―東区門戸計画 第208回

台湾の不動産市場は新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の規制強化等の影響を受け、一時的に取引件数及び金額が落ち込んでいたものの、政府の規制がレベル2に引き下げられたのに伴い、再び活況を呈している。 こうした中で、台北市は開発に適した用地が殆ど残っていないことか…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、25日連続ゼロ(15:12)

テイクオフ:台湾の火鍋店では「沙茶…(11/30)

エネルギー消費、最高更新へ 生産活動正常化で、供給量も回復(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

コロナ警戒第2級、来月13日まで延長(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

重点高リスク国に4カ国追加、水際強化で(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン