五輪でドローンや顔認証、先端技術で存在感

【共同】東京五輪・パラリンピックで、先端技術が運営に貢献している。スポンサー各社は、夜空に多数のドローンの光で地球を描く開会式の演出を手掛けたり、競技場への不正入場を防ぐための顔認証システムを納入したりした。新型コロナウイルス禍で強いアピールが難しくなった面も…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州できょう、日系大手…(09/22)

当局、車各社への返金始めず 輸入制限打ち切りから1カ月(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

上汽五菱、国産半導体9割に 需給逼迫受け海外依存脱却へ(09/22)

ワクチン保冷設備などを供与、日本政府(09/22)

8月の白物家電出荷17%減(09/22)

ダイキアクシス、北部に浄化槽工場(09/22)

TPP加入、中国が正式申請(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン